運営者「てつ」自己紹介

運営者「てつ」自己紹介

てつと申します。

株でメシを食う!をテーマにこのブログを運営しています。

現在23歳。現在の資産はこんな感じ。ポートフォリオの一部を公開します。

現物131銘柄、信用で4銘柄を保有しています。現物株を担保に信用取引をするという、まあまあリスクの高い投資

画像



現在は株で生きていくために、投資のスキルを磨きながらも入金力を高める段階。会社員をしたり、副業したり、節税・節約をしながら投資をして資産の最大化を図っています。

順調に資産は増えていますが、昔はお金で凄く困った経験をしました。

だから、僕みたいに金ナシ、人脈ナシの境遇でも成り上がれる情報を発信し、同じような境遇の方の支えになればと思っています。

23歳でゴリゴリ投資をしているのが珍しいらしく、Twitterで投資やお得な情報を発信しているとフォロワーさんから、

何がきっかけで投資を?

若いのに凄い

みたいな声を頂くこともあるので、具体的に僕の23年間を振り返っていきます。

目次

3歳:両親が離婚

いきなり少しヘビー。

普通の離婚であれば一定の養育費が支払われるものですが、何度裁判をしても父は養育費を支払ってくれませんでした。母はシングルでパートをし、23歳という若さで僕と兄にご飯を食べさせるという生活に。

僕の小さい頃の食生活はいつも、納豆、のりたま、半額の牛乳、特売で手に入れた卵で作るTKGでした(今でもほとんど変わっていませんが)。安くてもそこそこ栄養のあるものをひたすらに食べ続けてお金を掛けないようにしていました。

そんな僕でも、唯一買っていたものが、ポケモンパン。週末の深夜に母とスーパーに買い物に行く理由はこれ。パンコーナーにダッシュし、半額のポケモンパンを手に入れ、どんなポケモンシールが入っているかワクワクしながら開封の儀をしていました。まだ実家には300枚以上のポケモンシールがあります。

おかげさまで、食材が安くなる時間帯や季節による半額商品のパターンなどは、小さい頃から完璧にマスターしています。英才教育、、。

本当にお金は無かったのですが、母はワセリンで肌の保湿をしてくれたり、デンタルフロスで歯を掃除してくれたり、日焼け止めだけは必ず塗るように教えられてきました。よく同い年から肌が綺麗って言われるのはワセリンの保湿と日焼け止めによる紫外線対策によるものなのかもしれません。

20年以上も前からこれだけ効果的なケアを子供にしてきたという、母のリテラシーの高さには驚きです。スーパーの半額の時間帯や効果的なケアなど、上手に生きる術はこの母から教わりました。

中高生時代 :成り上がると決意

中学・高校では放課後にマックに行ったり、ボーリングをしたり、という一般的な遊びはできませんでした。服は兄のおさがり、髪は20歳になるまでセルフカットか叔母さんに切って貰っていたので、お金を掛けたことがありませんでした。

15歳くらいの歳になると、親孝行を考えたり、将来どうするかを時々考えるようになります。もともと競争心も強くて社会的欲求が強めだったことに加え、頑張って育ててくれた母親、よく面倒を見てくれた祖父母に恩返しがしたくて、ビッグになりたいと思うように。

親は高卒、コネなし、金なし。この状況からどうやって成り上がるか。

こんなことを中学生の頃から考えていて、図書館で株やアフィリエイトの本を読んでいました。

僕みたいなやつが成り上がるには株しかないと、直感ながら思っていたんですかね。

とはいえ、何かで稼ぐような脳はなく、まずは周りに大卒の人が居ないので、良い大学を目指すことに。

高校生になってからはカフェでアルバイト。そのお金で松井証券に未成年口座を開設して株を買ったり、受験の参考書や模試の費用を払っていました。

受験は予備校には通わず、独学で勉強しました。YouTubeで武田塾関連の独学の動画を見たり、早稲田の社と呼ばれる合格体験記のサイトを見て参考書を選定。ヤフオクで中古本を買ってボロボロになるまで何周もしていました。

高校1年生の頃の偏差値は35だったため、そこそこ勉強しました。


第一希望の早稲田には行けなかったものの、立教大学の経営学部に特待生奨学金を受け取りながら通えることに。

大学生時代 :バイト・株・立ち読み

画像

コチラは卒業式の時の写真。

年間100万円以上、返さなくてよい給付型のお金を貰いながら大学に通うことができたので、勉強すれば貧乏人でもそれなりの待遇が得られると実感することができました。

週3でファミマの深夜バイト、週2でパチンコ店でバイト、週2で家庭教師。バイト代と奨学金で投資をしている大学生時代。

立教大学はお坊ちゃんが多く、誕生日にBMWを買ってもらったとか、生まれの違いを意識するようなことが多々ありました。金銭感覚が違いすぎて、ちょっとだけ辛かったです。

空いた時間は立教と同じ池袋にあるジュンク堂の投資書籍コーナーに駆け込んで、ひたすら立ち読み。1冊1800円ほどする書籍ばかりなので、1時間で1冊読めば時給1800円だと思って読み進めていました。

株は面白い。知識武装しておけば、ほぼ確実に資産を増やすことができる。

社会人:会社員×副業×節約→株で倍

マイナビを使って機械のように就活するのが嫌で、ウォンテッドリーに掲載されていたベンチャーに就職。高卒でも入れるような会社を選んだので、立教経営という学歴を活かしたことはありません。友人たちは東京海上や村田製作所などに就職していきました。

その点、大学に行ってないという方にも希望を持たせられるのではないでしょうか。

今は社会人一年目で、手取りは22万円程度。

家は東京23区にシェアハウスを借りて、全ての生活費を含めても5万円以下で暮らしています。

そして、会社員×副業×節約で得たお金を株で毎年2倍にする。このスタイルを確立。

会社に頼ることなく、30歳以降に自由な生活ができるよう、着実に進んでいます。母や祖父母が元気なうちに親孝行がしたいです。

最後に・・・

こんな生活をしてきました。

本当にゼロから始まり、中堅の大学を出て、そこそこの資産と投資の知識を持った23歳になりました。誰でも上手に生きていくことはできると、僕が証明しています。今後も資産を増やし、自由な時間を増やし、幸せな生活をしていきます。


突然ですが、他人が持っている鞄の重さは分かりません。普段は笑顔な人も親から虐待を受けていたり、離婚して寂しい想いをしてきた人が居るのが、今の日本です。両親が円満、愛情を受けて育ちました。なんていう家庭は今の日本では半数いるか怪しいくらいかと思います。

このブログを通して、皆さんに勇気と生きる知恵を提供できたらなと思います。

ここまで読んで下さり、ありがとうございます。

各種SNSなどもやっているので、よかったらフォローして頂けると、励みになります。

Twitter: https://twitter.com/kabumeshi

Instagram: https://www.instagram.com/tetsu.kabumeshi/











目次